達成感を表す数字100の意味

入学式のシーズンですね。

「ともだち100人できるかな?」は
童謡「一年生になったら」でもお馴染みの歌詞ですが

100点、100%・・・など

達成感を表す表現には
100という数字がよく使われますね。

私が今年に入って始めたワードプレスにも
100記事を超えるとアクセスアップする
という基準値があります。

マンガENGLISHも

100タイトルで
日常英会話レベルの英語力が習得できる
カリキュラムになっています。

マンガENGLISHを開発するきっかけは
20年前から数年間

東京と茨城県の水戸市で開講していた
英語教師養成コースでした。

英語教育学で修士号を取得した私は
子どもやおとなに英語を教えながら

英語の先生や英語教師になりたい人たちに
英語の教え方を教える仕事もしていました。

多くの志の高い英語教師たちが集いました。

英語力もいわゆる資格試験の上級者

TOEIC900以上や英検一級を持っているような
優秀な人たちばかりでした。

その方たちの共通の悩みは、なんと
「自由に英語を話せない」ということ。

単語と文法力を駆使して

予め辞書や文法書を使って
日本語から訳した英語の原稿を
暗記して話すことはできる。

でもネイティブのように

その場その場で
自由に英語を話すことができない

という悩みをかかえて

当時はまだ教育現場に登場したての
ALT(外国人英語教員助手)たち

特にネイティブの英語講師たちが

生徒たちから信頼され受け入れられていく中で

自分たちの教室での居場所が
なくなってしまうのでは?!

という不安な気持ちを抱えて

せめて指導技術をスキルアップしよう
ということで

決してお安くはない英語教師養成コースを
受講してくださっていたのです。

でも根本的な悩みは「英語が自由に話せない」
ということなので

講義の最中でも質問は

私がどうやって
自由に英語が話せるようになったか

というところにどうしても行ってしまう。

そこで立ち上げたのが
「10時間で英語脳育成プログラム」でした。

英語の先生たちには
定期的にスクールに通う時間がありません。

また英語教師という立場上
やはり「英会話を習う」というのは抵抗がある。

当時は倒産前の旧NOVAやECCなど
大手の英会話スクールで

英語の先生限定の英会話クラス
を立ち上げるのが流行りました。

「学問としての英語」を教えていた時代から
「使える英語」を教える時代への移行期で

英語の先生が「英語を話せるようにならないと」
というプレッシャーを感じ始めていた時代。

でもさすがに

英語の先生が一般の人たちと同じクラスで
英会話を習うのは抵抗があるので

先生たち限定のクラスを作ったんです。

ニーズは確かにあったんです。

でも、先生同士でも
お互いに英語のプロですからね。

いくら相手が英語ネイティブでも
「英会話を習う」というのは抵抗があったのです。

案の定、NOVAさんもECCさんも止めてしまいました。

私は英会話レッスンではなく
「10時間で英語脳育成プログラム」という

「10時間」で「英語脳」を作る学習ステップを
それぞれの英語力の弱みと強みに合わせて

一人ひとりに合ったカリキュラムを作る
コンサルティングを行いました。

マンツーマンでしたので
料金は10時間で189,000円でしたが好評でした。

10時間では物足りず、
料金体系は全く同じなのにも関わらず

さらに継続する方もいました。

でも私の中に疑問が芽生え始めました。

10時間や20時間で
英語力が劇的にアップするはずもなく

もし仮にずーっと継続して通うような
大金持ち?!の方がいたとして

結局のところ自分で話せるようにはならないだろう、と。

自分で話せるようなカリキュラムでなければ
意味がありません。

そこで教材を作ろうと考えたのです。

さらに教材なら
誰にも知られることなく

マイペースで学習できますので

英語の先生のような
英語のプロの方にも安心してご参加いただけるのです。

マンガENGLISHは100タイトルで

日常英会話レベルの英語力が習得できる
カリキュラムになっています。

100という数字には
何かパワーのようなものを感じます。

そのパワーに勇気をもらって
これからもいっしょにがんばりましょう♪

マンガENGLISH100ご案内

バイリンガルにはできないこと一つだけ

この情報化社会における
日本人の英語教師の役割について考えます。

なぜ「情報化社会」と限定したかというと

ここ10年で学校や英語教室や塾などの

日本人英語教師の役割が
大きく変わってきていると思うのです。

たとえば

かなりさかのぼって50年以上前は

英語の先生はすごく尊敬されていました。

英語を知っている人
英語に触れられる人が限られていた時代。

英語という情報を持っている人は
限定的だったから

その情報・知識を持っているだけで
貴重だったんですね。

25年くらい前から

中学や高校にALTという
外国人の英語教師が派遣されるようになり

知識としての英語ではなく

道具として使っている人たちの知見も
取り入れられるようになりました。

生徒たちからは大人気の外国人教師たちでしたが

日本人の英語教師の立場に
影響を与えるようなことにはなりませんでした。

その理由はALTたちのほとんどが
日本語があまり上手でなかったり

ましてや
日本の英語教育に精通していなかったりで

「英語をわかりやすい日本語で説明できる」
日本人の英語教師が関わらなければ

学校の英語の授業は成り立たなかったからです。

また当時は留学経験のある英語教師は

留学経験があるだけで
特別視されていた時代でもありました。

ところが10年位前になると

若い英語教師たちの間では
留学経験を持つことは珍しくなくなり
特別視されることもなくなってきましたが

それでもやはり教室のおける英語教師の立場は

「英語をわかりやすい日本語で説明できる」ことで
守られていたのです。

そして情報化社会のいま

英語という情報は

海外に住んだ経験がなくても
誰でも簡単に手に入る情報となりました。

ネット上、特にYouTubeに

多くのバイリンガルたちが

流暢なネイティブ英語と
わかりやすい日本語での説明で

10年位前までなら

英語圏に行かなければ聞くことができなかった
生きた英語フレーズを

次々と紹介しています。

ひと昔前なら留学を経験した人か
身近に英語ネイティブがいないと
わからなかったような情報が

無料で公開されている時代。

生徒たちからしたら

別に先生から習わなくても
スクールに行かなくても簡単に手に入ります。

たとえば英語のテキストに

“How are you?”
“I’m fine, thank you.”

と定番のダイアローグが登場する。

昔の子どもたちなら
素直に受け止めてくれましたが

たとえば、もし子どもたちの中に
この動画を見ていた子がいたなら

クリック⇒ アメリカ人は「How are you?」にどう答えるか

「先生、“How are you?”の返事は
“I’m fine, thank you.”とは限らないんだよ」

なんて言ったりする可能性は
十分にあるわけです。

もちろん教えるときの下調べには便利ですが
生徒たちにとっても簡単に手に入る情報なので

知ったかぶりで話していたら
生徒たちも知っていた

ということも十分にあり得ます。

便利な世の中でもあり、やりにくい時代でもあるのです。

では今後

日本の英語教育は
彼らバイリンガルが担っていくのでしょうか?

バイリンガルにはできないことが一つだけあります。

バイリンガルというのはご存知の通り

英語も日本語も生活上必要で
使いながら身につけてきた人たちです。

私たちのように

一つの言語が確立されてから
後付けで外国語を習ったわけではありません。

だからバイリンガルたちは

「どうしたら英語が話せるようになるか」
具体的な学習ステップを示すことはできません。

私たちにはそれができます。

そのためにはまず
私たち自身が英語を話せるようになること。

日本語と同じように

特に前もって準備していなくても
話したいことがすっと口をついて出てくる状態

その英語力を

バイリンガルたちは生活の中で
自然に身につけてきたけれど

私たちは日本語で普通に生活しながら

いかにして時間を作り

学習スタイルを確立し
日常生活の中で習慣化して
英語がぺらぺらになったか

その体験を日本人に教えられるのは

英語ネイティブでもなく
バイリンガルでもなく

苦労して後付けで英語を身につけた
私たち日本人だけなのです。

今はあんなにペラペラのバイリンガルたちも
幼いころは

自分の耳を使って
おとなのナチュラルスピードの連続音から
自分で単語を切り出して

活舌が悪くても
発音がクリアにできなくても
自分の口で音をまねる経験をしています。

そのプロセスをすっとばして

完成されたフレーズだけを暗記しようとしても
すぐに忘れてしまう短期の記憶にしかなりません。

自然な音を聞いて

すっと入ってきた音を自分の耳でとらえて
印象に残ったものを口まねする

英文テキストを使わなくても聞き取れて
英文テキストを読み上げなくても音が再現できる

この経験なしで
ことばを自由に使うことはできません。

これはどんな言語にも共通のステップです。

まずは私たち自身が使える英語を身につけましょう。

そしてその習得プロセスを
わかりやすく示すことができるのは

英語ネイティブでもなく
バイリンガルでもなく

苦労して後付けで英語を身につけた
私たち日本人だけなのです。

マンガENGLISH100ご案内

間違いだらけの教科書にモノ申す

きのうご紹介した ここがダメ!日本の英語教育

その記事の中で指摘されていた3つのポイントから

2. The quality of the textbooks is quite low
(教科書のクオリティーの低さ)に注目します。

Many foreign language teachers criticized the textbooks used in the classrooms, complaining about all manner of things including content and grammatical errors.

多くの外国人英語教師が批判していることですが、
授業で使われている教科書についての不満が多いです。

特に文脈、文法において間違いが多いこと。

Even more specifically, many people found the choice of grammar included to be suspect, saying it wasn’t grammar used very often in native English.

文法項目の選択において、かなり疑問点も多く、英語ネイティブがめったに使わないような文法もあると多くの外国人英語教師たちが指摘しています。

なんということでしょう!

映画を字幕なしで楽しみたい、とか
英語の本を辞書なしで・・・と

いくらがんばっても

ちっとも聞き取れないし読み込めていないのは、そもそも今まで経験した英語本物の英語じゃなかったから・・・ある意味、仕方のないことだったんですね。

お宝の鑑定といっしょで本物を見る目は良いものにたくさん触れていないと育たないのと同じで今までニセモノ英語に触れてきたからネイティブ英語がわからないだけで、これからはネイティブの英語本物の英語を経験しましょう。

マンガENGLISH ご案内

リバウンドしない英語の学び方

私は留学経験や海外生活体験もなく
ダーリンが外国人でもありません。

30歳を過ぎて
英語が話せるようになりたいと思ったとき

実はそれまでに

英会話スクール一か月で挫折
通信教育も続かず
本棚いっぱいの英語教材

いろんなことを試したのに
うまくいかなかったときに

ある大学教授が
こんな話をしてくださったんです。

「英語は読んだり、聞いたりしているだけでは
いっこうに伸びないんだよ」と。

「それよりも
話したり、書いたりすることが必要で

さらに
人に教えると伸びるよ」って。

当時は私自身
英語を話せなかったのはもちろん

読んだり、書いたり、聞いたりも
まともに出来なかったんですが

その話に私はすご~くピンときまして
それなら教えてみようと思ったんですね。

料理なんかを想像すると
すごく簡単かもしれません。

例えば「ビーフストロガノフの作り方」のレシピを読む。

読んでみてその時は分かるけど
後日いざ作ろうと思ったら
そう簡単には作れないですよね。

とにかく実際に作ってみなければ習得できない。

一回作ったところで必ず習得できるとも限らない。

けれどもそれを誰かに教えなければならないとしたら?

材料、分量、火加減、所要時間など
それら全てが頭に入っていてこそ
誰かに教えることが出来るわけですよね。

英語も最初から誰かに教えることを想定すると
モチベーションがあがって
学習が継続しやすくなるのではないでしょうか。

私のYouTube動画の中でもご案内しています。

もちろん「英会話を教える 」というのは

私たち日本人にとって(帰国子女とかでもない限り)
永遠にピンとこないかも知れません。

でも「日本人として」「英語を習得した」「体験」なら
教えられますよね。

むしろ英語を習得した「体験」を
「日本人に」「わかりやすく」話せるのは

英語ネイティブでもなく
バイリンガルでもなく

9歳以上になって
英語を学習によって身につけた
日本人なのです。

英語を習得した経験を活かして
あなた自身の習得率を高めながら
それがライフワークになったら楽しいですよね。

マンガENGLISH ご案内はこちら

記憶にも記録にも残る英語の先生

野球では「記録を残すより記憶に残る選手」
という言い方があるようですが

ちょっと欲張って英語のレッスンを
記憶にも記録にも残してみませんか?

良い英語の先生は生徒たちの記憶には残りますが
記録を残している先生はまだまだ少ないように思います。

今の時代は個人がビデオをとってYouTubeにアップしたり
書いた記録をSNSにアップしたりができる時代です。

私も数年前から自分のレッスンをビデオに撮って
YouTubeにアップしています。

まず自分の話し方を見直す良い機会になります。

自分の話し方が独りよがりになっていたり
わかりにくかったりしても
なかなか自分では気づかなかったりするものです。

ところが撮ったビデオを後で観てみると
いろいろな気づきがあります。

そしてもしかしたらそのビデオを見て
あなたのファンになってくれるかもしれません。

マンガENGLISH ご案内