間違いだらけの教科書にモノ申す

きのうご紹介した ここがダメ!日本の英語教育

その記事の中で指摘されていた
3つのポイントから

2. The quality of the textbooks is quite low
(教科書のクオリティーの低さ)に注目します。

Many foreign language teachers criticized the textbooks used in the classrooms, complaining about all manner of things including content and grammatical errors.

多くの外国人英語教師が批判していることですが、
授業で使われている教科書についての不満が多いです。

特に文脈、文法において間違いが多いこと。

Even more specifically, many people found the choice of grammar included to be suspect, saying it wasn’t grammar used very often in native English.

文法項目の選択において、
かなり疑問点も多く、

英語ネイティブがめったに使わないような文法もあると
多くの外国人英語教師たちが指摘しています。

なんということでしょう!

映画を字幕なしで楽しみたい、とか
英語の本を辞書なしで・・・と

いくらがんばっても

ちっとも聞き取れないし
読み込めていないのは

そもそも今まで経験した英語
本物の英語じゃなかったから・・・

ある意味、仕方のないことだったんですね。

お宝の鑑定といっしょで

本物を見る目は

良いものにたくさん触れていないと
育たないのと同じで

今までニセモノ英語に触れてきたから
ネイティブ英語がわからないだけで

これからは

ネイティブの英語
本物の英語を経験しましょう。

マンガENGLISH100ご案内