英語の語順で日本語を考える練習が出来る

山口先生、いつもお世話になっております。

以前の講座の様子を録画したYouTubeの中で、英語の語順の日本語訳がテキストに掲載されている様子が伺えたので、ずっと欲しいと思っておりました。

販売はされてなかったので山口先生のお考えがあっての事と思っておりましたが、YouTubeで発売を知り飛びつきました。

辞書を使わず、漫画を見ながら繰り返し聴くことで内容を解釈するというのが本来の学習方法だと思いますが、初級者の私にとっては「この解釈で大丈夫だろうか」というモヤモヤの中での学習でした。

日本語テキストのお陰で、日本語から英語を思い出す、英語の語順で日本語を考える練習が出来そうです。
また、日本語テキストを見ることで自分の解釈を確認できる為、安心して学習が進められます。
素晴らしい教材を本当にありがとうございます。今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。
***********************

こちらの動画ですね

>「これを待ってました!」とばかりに24日のうちに即購入しました。

待っていてくださったんですね!リリースしてよかったです。

詳しいご案内はこちら⇒ 漫画で通訳養成トレーニング

マンガENGLISHには、開発当初から英語の語順で書かれた日本語のスクリプトがありまして、実は横浜のスクールで使用していたテキストには数年前までは漫画イラスト、漫画付き英文テキストに加えて和文も掲載していたのですが、「聞き取れないと、どうしても和文を見てしまう、見るなと言われても、あるから見てしまう」との声が多数あり、数年前から和文の掲載を停止していたという経緯がありまして、通信販売での和文のリリースについても躊躇しておりましたところ、先日のyuriyuri0211さんの投稿にありました、私の訳文を見て元の英文の「文脈が理解できた」とのコメントに、急きょリリースをいたしました。

だからといってよくある和訳では逆効果になるため、マンガENGLISHではサイト・トランスレーションによる訳文を、英検1級、TOEIC900以上、海外留学経験者などの精鋭チームで開発当初から作成しておりました。

サイト・トランスレーションとは?ここをクリック

>日本語テキストを使うにあたって、やはりリプロダクションに取りかかる前には日本語テキストをあまり見ない方がよろしいでしょうか?英語が聞き取りやすくなったような気がしますが、日本語テキストを使うにあたっての注意点などありましたら宜しくお願い致します。

日本語を見て英語の音を思い出すのがベストです。それと「日本語を見たときに元の英語は何だったか気になったので確認する」のもアリです。蛇足かもしれませんがいつももご案内で「意味が分からないから日本語を見る」という使い方はNGです。

要は「日本語⇒英語」ならOKです。

> 日本語テキストで内容を確認した後は、ナチュルスピードで漫画を見ずに音声だけを聞いてる時に漫画イラストの場面が浮かぶようになり、

まさに「日本語⇒英語」で元の英文の「文脈が理解できた」からこそなのです。

ステップ1~3まで一通り経験している方は今度の休みの日にでも100タイトル分の日本語を一通り読んでみてください。学習の効率がグンと良くなります。

サイト・トランスレーションはマンガENGLISH100タイトルと併用していただく教材です。

マンガENGLISH100タイトルをまだお持ちでない方は

マンガENGLISH ご案内はこちら