日本人の英語力は「読み書きはできるけど、話すことはできない」

日本人の英語力は
「読み書きはできるけど、話すことはできない」
とよく言われます。

けれども実際は

与えられた文章を訳して読んだり
日本語から訳して書いたりはできるけれども

まったくゼロの状態から

日本語と同じように辞書なしで英文を読み
自分の言いたいことを書くことができるか?

と言ったら

そうではない人の方が多いですよね。

日本語を身につけてきた過程を
振り返ってみると

日常生活の中で
同じセリフを繰り返すっていうことは
ほぼないわけですね。

日々違うセリフを聞いたり
言ったりしているのに

初めて聞くセリフも
だいたい意味が分かるし

自分が話す時に
セリフを暗記していなくても
自然に言葉が口から出てくる。

日本語だから当たり前だと
思ってきたんですけれども

実はこれは、暗記ではなくて
パターン認識というもので

セリフはいろいろで
セリフの中で使われている単語が
自然に繰り返されることで

パターンが認識できる

私たちは生まれながらにして持っている
誰にでもあるメカニズムです。

セリフは繰り返さないんですけれども

生活で必要な単語は意外と限られていて
単語がいろいろな文脈で繰り返されるから

パターンが認識できて

自由な応用力がついてくるんですね。

そのために欠かせないことが

たくさんの音の刺激なんだそうです。

たくさんの音というかフレーズ
バリエーションのあるフレーズを聞くこと。

そして生活上欠かせない単語は
しぼられているということです。

日常会話で必要な英語の語彙数を考えてみると
ネイティブでも3,000語なんです。

この、生活上欠かせない3,000語を
フレーズのバリエーションは3万語ぐらいと
自然なパターン認識ができるそうなんですね。

本来、母国語を習得するように
いろんな文脈で自然に繰り返されると
パターン認識がはぐくまれていくので

マンガENGLISHをはじめてみて
簡単な会話だってできないのに
何でこんな長いストーリーをやらされるんだろうって
すごいびっくりしちゃうかと思うんですけれども

100タイトルを体に一回通してあげることで
パターン認識をおこしていくのが狙いなんですね。

マンガENGLSIHは100タイトルありますので
気長にご自身の伸びしろを信じて
取り組んでいってほしいと思います。

本当の意味で「読み書き」ができるようになるためにも
英語脳は大前提となるわけです。

頭の中で英語を理解するメカニズムが
暗記や訳に頼らない
自然なパターン認識にとってかわるよう

なるべく多くの英語の音に触れて、聞いて
そして口に出してみることが大切なんですね。

マンガENGLISH ご案内はこちら

「これ知ってますか?」と自分が知っていることについて確認したいとき

マンガENGLISH100タイトルのユーザーさま
サポートのレッスンにご参加の方からメールをいただきました。

***********************
今日はレッスンに参加させていただきありがとうございました。マンガイングリッシュの学習に対しての疑問点も解けてとてもよかったです。それと、Do you know ~ と言うと自分も知らないことを聞いていることをを初めて知りました。

今までは、自分は知っているがあなたは知っていますかと聞いていると、ず~っと思っていました。How do you konw ~  か Did you know ~ って聞くんですね。本当にびっくりしました。

またレッスンに参加させていただきたいと思いますのでよろしくお願いします。
***********************

こちらこそ楽しい時間をありがとうございました。

"How do you know it !"は「ご存知ですよね!」という感じ。
文末を下げて自信たっぷりに発音します。

もちろん文脈によっては文面通り
「どうして知ってるの?」という意味にもなります。

その際は"How do you know it ?"と疑問文となり
声の調子と場面によってニュアンスが変わる表現です。

普通に「これ知ってますか?」と
自分が知っていることについて
相手の認識を確認したいときには
"Did you know …?"が無難です。

私たちが中学で習う”Do you know … ?”は
自分が知らないことを
相手に知っているかを尋ねる言い方です。

「知ってる?」と日本語で考えて英語を話そうとすると
「Do you know … ?」しか思いつかなくなってしまって
もったいないです。

やはり言葉は場面と音なんですね。

次回のレッスンも楽しみましょう♪

・・・ということで、昨日のご希望通り

1月19日(金)13時30分から16時30分まで
南青山教室のレッスンが決まりました!

あと5つお席がありますので
ぜひ会員の皆様でご都合のつく方はご参加ください。

参加される方は

こちらをクリック→ 1月19日(金曜日)南青山レッスン

約一か月先のお話ですが
早めに申し込んでおくと
モチベーションになるかもしれません。

マンガENGLISH動画100タイトル
ご購入済みの方で

このような情報が必要な方は

グーグルのグループへの登録を
お申し込みください。

年会費などの費用は一切かかりません。

ハンドルネーム(ニックネーム)のみの
参加も可能ですので

個人情報も他のメンバーに開示しません。

動画100タイトルを購入済みで

グーグルのグループに参加
ご希望の方は

動画100タイトル購入の確認メールを

info♪mangaeigo.net(♪を@に変えて)
に転送してください。

複数回に分けて購入された方は
そのすべてを転送してください。

確認でき次第、
数日以内に招待メールを送らせていただきます。

グーグルのグループなので【Gmail】がおすすめです。
(アカウントによっては認証されないことがありますので)

送信元のアドレスが
yahooなどのフリーメールの場合

迷惑メールフォルダに
振り分けられてしまうことがありました。

一週間たっても私からの返信がない場合
お手数ですが再度ご連絡ください。

まだ動画100タイトルがそろっていない方は
動画100タイトル購入後にご連絡ください。

私からの招待メールが届けば、いつでも

【登録済みのメールでログインすれば】
https://groups.google.com/group/me100
にアクセスすることができます。

あせらずに
マイペースで学習をすすめてくださいね。

これからもいっしょにがんばりましょう♪

マンガENGLISH100ご案内

単語を覚えてからマンガENGLISHに取り組んだ方が良いでしょうか?と質問ありました

山口先生、きのうのブログで紹介されていた、ビジュアルから連想して単語やフレーズが覚えられる、iPhone・iPadアプリの「OPD」を使ってみようと思いますが、ある程度これで単語を覚えてからマンガENGLISHに取り組んだ方が良いでしょうか?
*******************

英語は今まで
単語から習ってきたので失敗でした。

たとえば台湾の人と話そうとして

相手は日本語を知らないし
こちらは台湾の言葉を知らないから
お互いに片言の英語で・・・なんて

英語はとても便利なのですが

だからこそ単語に頼っちゃダメなんです。

単語力を駆使して話そうとすると
相手がその単語を知らなかったときに
そこで会話が終わっちゃうんですね。

たとえば、あなたが自分の【いとこ】を
知り合った外国人に紹介しようとしても

“cousin”が思い出せないと、そこで止まってしまったり

運よく覚えていたとしても今度は
相手が“cousin”を知らなければ通じません。

“The son of my mother’s brother”かもしれないし
“The daughter of my father’s sister”かも・・・

そんな中学校で習った
簡単な英語で説明ができればしめたものです。

いままでは
「いとこ=cousin」という単語力をつけることを目標に
学習してきたので

いざというときに
自分が “cousin” が思い出せなかったり
相手が “cousin” を知らないと終わってしまう
という学習法だったんですね。

実は英会話がペラペラになるためには
やたらと単語を増やすことよりも

「簡単な英語で説明する力」をつけることが近道です。

もちろん英語らしい音の並びの経験は必要ですので

マンガENGLISH100タイトルを見て、聞いて、まねて

なるべく早い段階で漫画イラストを使った
簡単な英語で説明する練習をしましょう。

日本語で私たちが、まず幼児期に
簡単な言葉で話していて

小学生になってから辞書を引いたように

話す練習をしながら
辞書は時々使うことで

英語ネイティブと同じ順番で習得ができるのです。

マンガENGLISH100ご案内

ビジュアルから連想して覚えられるiPhone・iPadアプリ

英会話を楽しんだり
洋画を字幕なしで楽しむために

英語を音だけで何とかしようとする
脳の働きを育てましょう。

そのためにマンガENGLISH100タイトルを
漫画イラストで場面を感じながら

英文が無くても
日本語の訳が無くても「わかる」
という実感を通して

英語を英語のまま
場面の中で音だけで何とかしようとする
脳の働きを育てながら

漫画イラストを見て
思いつく英語の音を出す練習をしていますが

簡単な単語も出てこない
という方や

ビジネス英語のような難解な英語は知っているのに
「ほうき」や「掃除機」のような
日常会話レベルの単語がすっぽり抜けている
という方におすすめのアプリをご紹介します。

ビジュアルから連想して覚えられる
iPhone・iPadアプリの「OPD」です。

クリック→ オックスフォード・ピクチャーブック【アプリ】

先ほどアップした動画で
使い方をご案内していますのでご覧ください。

  1. ビジュアルから単語やフレーズが覚えられる
  2. 英語ネイティブの音声付き
  3. 状況・状態についても話せるようになる
  4. 日々の行動についても覚えられる
  5. ブックマーク機能で復習も効率的にできる

ビジュアルから連想して覚えられる
iPhone・iPadアプリの「OPD」で語彙を増やしながら

言葉は使わないと忘れてしまうので

マンガENGLISHで
漫画イラストを見て思いつく英語の音を出す練習
重ねてみてください。

これからもいっしょにがんばりましょう♪

マンガENGLISH100ご案内

他の教材と併用すると効果はありますか?とお問い合わせを頂きました

マンガENGLISHをご検討中の方から質問をいただきました。

*********************
ハジメマシテ。マンガENGLISHを検討中ですが現在も他教材で勉強中です。マンガENGLISHをはじめるとしたら、あえてマンガENGLISHだけに集中したほうが良いですか?あるいは、併用効果はありますか?
*********************

もちろん効果はあると思います。

ただ、もし受験のための英語ではなく

日常会話や洋画(アメリカ映画など)といった
リアルな英語を楽しみたいのでしたら

併用すると効果的な英語は

教材のような作られたものではなく
ナチュラルな英語がおすすめです。

私も本を書かせていただいたり
英検やTOEICの問題集も作ったことがあるので
わかるのですが

日本で出回っている教材の多くが

日本人にために作った
日本語から訳した英語だったり

あるいは

もとの英文がネイティブ英語であっても
日本語の訳や解説がつけやすいものだけ選んであったり
日本語の説明がしやすいようにアレンジしてあったりで

ネイティブは使わないような
あるいは、かなり限定的にしか使わないような英文も
けっこう含まれているので

リアルな英会話やアメリカの映画を楽しみたい方には
かえって回り道になってしまいます。

それよりも英語の場合はYouTubeやGoogleなどで

ネイティブの英語が毎日のように何千、何万と
新しい表現が更新されているので

そっちへ、どんどん入って行っちゃって欲しいですね。

とは言ってもいきなり

何千、何万と毎日のように更新されているネイティブの英語に
触れようとしても

今までの英語学習を続けているうちは

日本語の訳や解説が無いと・・・となってしまうので

もしよろしければ
マンガENGLISH100タイトルを通して

漫画イラストで場面を感じながら
英語の音を聞いて、まねて

日本語の訳や解説が無くても

英語を英語のまま自分なりに取り込もうとする脳の働き
を育てながら

YouTubeなどの動画で
英語の音声だけで字幕の無い

つまり英語の学習者向けに
わかりやすく字幕や解説をつけている動画ではなく

ネイティブために作られた動画の中から

映像に感情移入ができて
英語も自分が分かりやすいと思うものを選んで

自分なりにわかるという実感を大切にしながら
残った音を何となくまねてみる。

こういう学習法に切り替えていただくと

人によって実感が持てるまでに差はあると思いますが

英語ネイティブの英語が
すっと頭の中に入ってくるようになります。

誰かが選んだフレーズ
英文や解説がついた教材で学び続けているうちは

いつまでたっても
どこまでいっても
そのスパイラルから抜け出せなくなってしまいます。

どんな英語を身につけたいかによって
学習法も変わります。

もし受験のための英語ではなく

日常会話や洋画(アメリカ映画など)といった
リアルな英語を楽しみたいのでしたら

触れる英語は、もう作られたものではなく
できるだけナチュラルな英語がおすすめです。

今やYouTubeやGoogleなどを通して
ネイティブ英語にいくらでも触れられる時代です。

私たちの脳は育てた通りに育ちます。

誰かによって与えられたフレーズ
暗記し続ける学習を続けているうちは
暗記したフレーズにしか対応できません

マンガENGLSIHで

漫画イラストで場面を感じながら
英語の音を聞いて、まねて

英語を英語のまま自分なりに取り込もうとする脳の働き
これを育てながら

グーグルをはじめとした検索サイトで

毎日のように何千、何万と更新されている

ネイティブの英語を英語のまま
自分なりに取り込もうとする脳の働き

これさえ育ってしまえば
もう教材は必要ないのです。

今度こそ
失敗しない英語学習を始めましょう。
そして身に付くまで続けましょう。

こちらのYouTube動画で
Googleの効果的な活用法をご案内しています。

マンガENGLISH100ご案内

簡単に表示する方法はないですか?とお問い合わせをいただきました

ストリーミング版で「フレーズ法」を購入しましたが、「ホーム画面に追加」にしても、 開くたびに、アドレスとパスワードを入れないと行けません。 簡単に表示する方法はないですか?
*******************

マンガENGLISHをご利用いただき
ありがとうございます。

YouTube動画「マンガENGLISHストリーミング版」の
「6:50」からご説明の通り
「パスワードを保存」しておけば次に使うときに便利です。

下記はYouTube画面のスクリーンショットです。
(クリックしても動画は再生できません。)

英語を話せるようになりたければ
話す練習から始めましょう。

文字の無いイラストだけの漫画を見ながら
思いつく英語の音を口から出す練習から始めましょう。

これは英語だからできることです。

どういうことかと言いますと

漫画イラストを見て思いつくことを話す
ということは

ある程度、単語や文法を知っている言語でないと
できません。

たとえば中国語やロシア語で何か言ってみよう
と思っても、それは無理な話です。

ところが英語なら
多少なりとも単語や文法を知っています。

英語で単語や文法を知っているのに話せない、というのは
話す練習をしていないから

だから話す練習をしましょう。

「話す練習をしているよ」という方も
いらっしゃるでしょう。

英会話スクールや英会話の教材では
“Listen and Repeat.”

でも残念ながら
誰かが用意したフレーズを習って覚える

このやり方では

リアルな英会話の場面で
自分で話せるようにならないのはもちろん
残念ながら聞き取れるようにもなりません。

理由は “Listen and Repeat.” では

習ったフレーズそのものでないと
話せないし聞き取れない
という脳の習慣を育てている学習法になってしまうので

いつまでたっても
自由に話したり聞き取れるようにならないんですね。

あるいは
誰かに与えられた日本語の命題を英語に訳す
という学習法は

受験のための英語、英検一級とか、あるいは
通訳や翻訳家を目指すのなら話は別ですが

普通に英会話を楽しみたい
という目標に対して回り道になってしまいます。

なぜなら本来、翻訳とか通訳は
高度な情報処理だからです。

一番のおすすめは

とりあえず中学校で習った英語で話してみる
というところから始めて

それだけですと
自分の英語のレベルで止まってしまうので

自分なりに発した後で
ネイティブの英語を聞いて、まねる

その時に、ただまねるのではなく
もとのフレーズの一部を変える「英借文」により

今の自分にあった英文にしていきます。

誰でも英語が話せるようになる3つのステップは

  1. 思いつく英語で話してみる
  2. ネイティブの英語を聞いて、まねる
  3. 英借で自分にあった英文に作り替える

この順番でやって頂くと
必ず話せるようになります。

マンガENGLISH100ご案内

 

大掃除(おおそうじ)にズバリあたる英語は

日本では「大掃除」といえば
「年末の徹底的な清掃」のことですが

そもそも海外では
年末に徹底的に掃除をする習慣は稀なようです。

だから「大掃除」にズバリ当たる英語は無くて

「掃除」=“clean up”に
「しっかりと」という意味を加えるために
“deep”などの形容詞を加えて

“deep clean up”と言っても
日本の年末の大掃除の意味にはならないので

さらに説明を加える必要があります。

英語で「説明して」と言われると
「無理だ」と思ってしまうのは

受験英語では
「単語」⇒「文」⇒「文章」と習ってきたから。

一方の日本語では
単語から勉強したりしませんでしたよね。

絵本の読み聞かせや
おとなの自然な会話のやり取りを通して

自然な日本語の「文章」に触れて
ある程度「文」で話せるようになってから
学校に行ってそれぞれの「単語」を文字といっしょに習います。

ネイティブの子どもたちも同じです。

「文章」⇒「文」⇒「単語」の順番で習うから
「説明力」が「自然と」身に付いたのです。

英単語を「暗記できた、できない」で
一喜一憂していたのは

そもそものところで
本筋から反れてしまっていたんですね。

だって母国語では
みんな「文章から習う」のですから。

マンガENGLISHは
今までの英語学習ではできなかった

「文章から習う」ことができる教材です。

「文章」⇒「文」⇒「単語」の順番で
習得できるようカリキュラムされた
特別な教材です。

まずは英語ネイティブによって書き起こされた
自然な談話の文章を

子どものころに経験した
絵本の読み聞かせのイメージ

「文章」をまるっと身体の中に通してあげてください。

そうしたら次は漫画イラストを見ながら
思いつく英語の音を出す活動をしてみましょう。

そして最後にフレーズごとの音声を使って
「単語」をマイペースで「切り出して」いきます。

ステップ1「英語ネイティブの絵本の読み聞かせ」を体験
ステップ2「ひとり英語トーク」を体験
ステップ3「単語の切り出しと英語フレーズの記憶」を体験

この3ステップを通して

今までの英語学習の習慣を「大祓い」して
気もち良く来年を迎えましょう。

ステップ1「英語ネイティブの絵本の読み聞かせ」
が体験できるマンガENGLISH動画100はこちら
クリック⇒ Step① マンガENGLISH動画100

ステップ2「ひとり英語トーク」が体験できる
スピーキング練習用マンガ100はこちら
クリック⇒ Step② スピーキング練習用マンガ100

ステップ3「単語の切り出しと英語フレーズの記憶」
が体験できる「フレーズ法」音声100はこちら
クリック⇒ Step③ 「フレーズ法」音声100

これからもいっしょにがんばりましょう♪

英語ネイティブが日常会話で80%使う3,000語を、会話で使えるように覚える

英語ネイティブが日常会話で使う語彙の80~90%は
せいぜい3000語程度と言われていて、

オックスフォード大学の出版局
オックスフォード出版から「Oxford3,000」
といった辞書が発行されていますが、

この3,000という数字が

英語ネイティブでさえ
日常会話の8~9割を占める語彙数だと言われています。

いくらネイティブとは言え

会話のすべてがスラングやジョークというはずはなく
日常会話の8割はこの3,000語で構成されているんですね。

その3,000語のほとんどが
私たちが中学・高校で学んだ英単語で構成されているので

まずはこの3,000語が「音だけ」で何とかなれば
ネイティブの会話も8割は聞き取れるわけで
8割聞き取れれば結構わかりますからね。

楽しめるわけです。

忙しい社会人にとっては教材選びは大切です。

この3,000語の習得を

会話で本当に必要な
「音だけで何とかできる脳の習慣」が作れる教材が

マンガENGLISHです。

今回のセミナーでも話題になりました。

YouTubeにアップしましたのでご覧ください。

これからもいっしょにがんばりましょう♪

マンガENGLISH ご案内はこちら

マッキントッシュには対応していないのでしょうか?とお問い合わせがありました

初回の無料動画をパソコンにダウンロードしたのですが、見ることが出来ません。マッキントッシュには対応していないのでしょうか?
********************

マンガENGLISHに
お問い合わせありがとうございます。

直接メールをやり取りして

説得したようになってしまったり
伝え方のニュアンスが人によって違ったりして

マンガENGLISHを押し売りしたみたいになると
申し訳ないので

ご質問への回答はすべて
こちらのメルマガで公開させていただいております。

「Stores.jp]さんで販売中の
マンガENGLISHダウンロード版は

wmvという動画形式になりますので
Windowsならすぐに再生できます。

Macやスマホやアンドロイドで再生する場合は

wmvの動画が再生できるアプリを
ダウンロードしてください。

アプリ検索で「wmv、 再生」などのキーワードで探すと
無料でいろいろあります。

そしてマンガENGLISHの動画をスマホで見る場合は
PCからスマホに動画を入れてください。

PCからスマホに動画を移す方法はいろいろあります。
「PCからスマホ動画」などのキーワードで検索して
わかりやすいものを選んでください。

ダウンロード後すぐに再生できます。

まずはスマホにwmvの動画が再生できる
無料アプリを探してダウンロードすることから始めてください!

・・・と購入画面に記載しておりましたが
わかりにくかったでしょうか・・・。

stores.jpさんで販売しているダウンロード版の場合は

最初だけ

パソコンからダウンロードしていただき

その後はスマートフォンにコピーして
ご利用いただけるのですが

データのダウンロードや
PCからスマホへのコピーなど

慣れていない方にとっては
しんどいかもしれません。

私の方でもサポートできませんので

そういう方の場合は

YouTubeのようにインターネットの環境があれば
ログインしてPCからでもスマホからでも視聴できる

ストリーミング版がおすすめです。

ストリーミング版は
100タイトルセット販売のみになりますので

いつか、もし
やってみようかな、と思われたらご検討ください。

ここをクリック→ マンガENGLISH100ストリーミング版

ダウンロード版もストリーミング版も合計金額は同じです。

マンガENGLISHなら
効果(1)英単語を暗記する必要がなくなります。
効果(2)日本語に訳さずにダイレクトに英語を聞けるようになります。
効果(3)わからない単語があっても、つまずかなくなります。
効果(4)英語を英語の語順で理解できるようになります。
効果(5)英語で考えることができるようになります。
効果(6)英語が話せるようになります。

そのためには

100タイトルのマンガENGLISHを
できるだけ早い段階で一通り
体の中を通してあげてください。

10個や20個の限られたタイトル数を
繰り返していると

暗記しよう
日本語に訳してわかろう

としてしまいがちです。

訳すということは

英語と日本語の語順-特に述語動詞の位置が
日本語と英語では大きく異なりますから

英語の語順を日本語に合わせて入れ替える習慣が
そのままになってしまい

英語の語順では理解できないままになってしまいます。

語順を入れ替えないと読めないという事は
読むスピードが遅くなるばかりではなく

リスニングのとき
音は英語の語順のまま消えて行ってしまいますので
リスニングが苦手なままということになりますよね。

さらに訳そうとすることで

意味を知らない単語で目が止まるという
従来の学習習慣もそのままになってしまいます。

この悪循環を断ち切るためには
本当に最初が肝心です。

なるべく早い段階で

100タイトルを体の中に
通してあげてください。

マンガENGLISHは100タイトルで

英語ネイティブにも必要十分な
日常英会話の必修語彙3,000語が
自然に繰り返されているので

日本語を身につけたときと同じように

飛び交っている音の中から
自分で単語をつかみ取る経験ができます。

そうすれば単語を忘れるという事がなくなります。

日本語では「窓」も「椅子」も「机」も
誰かに教えられたのではなく

生活の中で飛び交っている音の中から
自分で切り出してきたので

忘れることがないのです。

(日本語でも受験のために暗記させられた言葉は
すぐに忘れてしまいますよね)

中学・高校の英語では
単語を「一回で」「一つの日本語の意味と」
覚えたのですぐに忘れてしまったのですが

マンガENGLISHでは
英語ネイティブが日常会話で使う3,000語が

漫画イラストといっしょに
100タイトルのストーリーの中で
様々な文脈の中で自然に繰り返されるので

「一回で」「日本語の意味」と「暗記」しなくても
「場面」と「音」で英語を自然に覚えられるのです。

「場面」と「音」で覚えた言葉は
いざ英会話と言うときに

「場面」の中で「音」になって出てきてくれます。

今まで、こんな体験したことがなかったので
説明を聞いているだけでは
不思議な感じがするかもしれません。

ぜひ、あなた自身の脳で体験してください。

予算が限られていて
一度に100タイトルを購入できない方も
いらっしゃるでしょう。

たとえば月に10個ずつとします。

そういう方の場合
100タイトルが手元に揃うまでは
繰り返さずに

1~2回

軽く触れたところで
いったん止めて

100タイトルがそろったところで
本格的に始めてください。

100タイトル手元に揃うまでは

10個ずつ買いながら

英語の映画や
YouTubeの英語の動画を観て

ネイティブの英語に
た~くさん触れていてください。

そして

100タイトルがそろったところで
ようやく本番ですね!

マンガENGLISH100ご案内

投資と英語の不思議な関係

ちょっと興味があって初めての投資セミナーを受講しました。

投資をしたことがない初心者を対象としたセミナーで
30人以上の参加者で盛況でした。

よく投資に成功する人は一割にも満たない
と言われるそうですが
それだけを聞くと、まるで

9割の人が投資に失敗している

と思ってしまいますが
実はそうではないようです。

実は投資を始めた人のうち

9割の人は続かないのだそうです。

辞めてはまたちょこっとやって
また辞めての繰り返しをしている人がほとんどで

ちゃんと継続している人は結果的には成功しているとのこと。

継続しているから成功しているとも言えるし
成功するまで継続しているとも言えるかもしれませんが

その継続できる人の割合一割程度なのだそうです。

英語と同じだなと思いました。

ただ違いは

投資の場合はプロに資金を預けて運用してもらう

という方法もありますが

英語のスキルは他人に預けるという事はできません。

自分の耳と口を使って実感を得ることが全てで
その実感はどんなにお金を積んでも得ることはできません

ある程度の時間をかけて
耳が口が自然と働くようになるまで続けること。

だからこそ、できた時の喜びもひとしおなのです。

マンガENGLISH100ご案内