「元気が出る嬉しいおしらせ」を英語で

私たちは中学・高校の英語学習を通して約6,000語の英単語を受験のために暗記しました。一方で日常会話では英語のネイティブスピーカー同士でも、約3,000語で会話の8割をカバーしています。

だから音の経験を積み重ねて「音だけで何とかなる脳の働きを育てれば、自然に英語が聞き取れるようになる」と思っている人も多いのですが、簡単な英単語で構成された英文の意味を瞬時に捉えることが苦手なのです。

たとえば、ある映画から引用したフレーズです。

I’ve got something that will cheer you up.

すべて中学英語で構成されていますが、この英文を見てパッと意味が分かる日本人はまだまだ少ないです。

その理由の一つに私たちが学んだ英語の教科書があります。私たちが中学・高校で使っていた教科書に載っている英語の多くが、日本語を訳したものでした。

中学や高校には海外から多数のALT(外国語指導助手)が来ていますが、彼らの多くが「中学・高校の英語の教科書に出ている英語が不自然」と感じているのはよく知られた話です。中学・高校の英語の教科書に出ている英語は元々が日本語だったので日本語に訳しやすかったのです。

ところが映画の英語は突然の事ながら自然な英語なので、多くの日本人にとって訳しにくいのです。意味が分からない言葉は聞き取れたていないことと同じです。だから仕上げに意味をとらえる練習をして仕上げていきましょう。

この時に素材選びが大切です。教科書のような元は日本語を訳した英語ではなく、ネイティブ英語の意味をとらえる練習を重ねましょう。

I’ve got something that will cheer you up. の答え合わせをしておきましょう。

“cheer” は、”cheer girl” (チアガール)の “cheer”
“cheer up” で「元気づける」という意味ですから

あなたが元気になる何かがある、ということを言いたいのですね。
元気が出る嬉しいお知らせと意訳できるかもしれません。

ネイティブの音声はこの動画の中でチェックしてみてください。

では、このセリフの続きでエクササイズしましょう。

これは、わかりやすいですね。「具合はどう?かわいい子」

では、その次のセリフはいかがでしょうか。「具合はどう?」と聞かれた主人公の返答です。

答え合わせは次回ご案内しますので、ゆっくり考えてみてください。必要に応じて辞書などで調べてくださいね。

マンガENGLISH 受講ご案内

簡単な単語で構成されているセリフの意味

知っている単語で構成されているセリフの意味が分からない。それこそが聞き取れないそもそもの原因です。ある映画の中から1シーンを選んで、そこからセリフを切り出して、意味を考える練習をしましょう。単語は全て中学や高校で習った単語ばかりです。続けることで慣れることができます。

このシーンの最初のセリフです。階上にいる主人公の方に向かって下から階段を登りながら、側にいる人に向かって話している声なので聴きにくかったですね、ごめんなさい。

Indy(インディ)というのは主人公の名前です。”loves”は「大好き」という感じでいいでしょう。”company”は冠詞も無く単数のままなので「仲間」という意味ですから、「インディは友だちが好きだから(喜ぶわ)部屋はこの上よ」と急に訪ねて来たクラスメートに、母親代わりの叔母さん(と言っても、シンデレラの継母なみに意地悪ですが)が話しています。

では、今日は、その次のセリフの意味を考えてみましょう。

これは、わかりやすいですね。「インディ、そこにいるの?」

では、次のセリフはどうでしょうか。

答え合わせは次回ご案内しますので、ゆっくり考えてみてください。必要に応じて辞書などで調べてくださいね。

マンガENGLISH 受講ご案内

簡単な単語で構成されているセリフの意味が、パッとわからない

映画っていいですね。特に今のようにコロナ禍で海外に行けない時期に、せめて洋画や海外のドラマを通して海外に行ったつもりを楽しむことで良い気分転換になるかもしれません。

月額一定金額を支払えば見放題になるサービスと言えばストリーミング配信ですね。DVDなどの物品とは違い、ストリーミング版なら海外の作品も手軽に楽しめます。日本語の字幕や吹き替え版に頼らずに、英語のまま観ることができれば、さらにその選択肢は限りなく大きくなります。

とは言え一般的な日本人にとって、字幕や吹き替え版なしに英語のまま映画を楽しめるのは簡単では無いようです。英検1級やTOEIC900と言った上級者と言われる人たちでさえ、そのほとんどが2~3割くらいしか聞き取れないと嘆いているそうです。

でも日常会話レベルの英単語数は英語のネイティブ同士でも3000語程度でやり取りしているというのは良く知られた話。私たちは中学高校の受験を通して約6000語の単語を暗記した経験があり、知識は十分なのに聞き取れないという残念な結果になっているのです。

知っている単語なのに聞き取れないのは何故でしょうか。その原因をほとんどの人たちが「音」によると思い込んでいます。そしてリスニングや発音の練習ばかりしています。でも実際は「意味」が取れていないことも多いのです。簡単な単語で構成されているセリフの意味が、パッとわからないので、会話について行けないのです。

知っている単語で構成されているセリフの意味が分からない。それこそが聞き取れないそもそもの原因なのです。

ある映画の中から1シーンを選んで、そこからセリフを切り出して、意味を考える練習をしましょう。単語は全て中学や高校で習った単語ばかりです。

では早速このシーンの最初のセリフです。意味がパッと分かるでしょうか。

答え合わせは明日の朝7時にご案内しますので、ゆっくり考えてみてください。必要に応じて辞書などで調べてくださいね。

マンガENGLISH 受講ご案内

映画で翻訳トレーニング学習メニュー画面をリニューアルしました

英会話の8~9割はシンプルな単語で構成されています。でも意外と訳せないもの。訳せなければ、せっかく音が取れても意味がありません。そのためには映画の英語フレーズを訳す練習が有効です。一回当たり20~40のフレーズを日本語に訳す練習をしましょう。サンプルの日本語訳がありますが、自分なりに考えた後で参照するようにしてください。セリフは場面と声の調子が大切なので、動画をよく見て場面と音をヒントに意味を考えるようにしましょう。

映画で翻訳トレーニングの学習メニュー画面をリニューアルしました。PCからはもちろん、スマホからも見やすくするための工夫をちりばめました。

先ほどアップしたYouTube動画でご案内しています。

マンガENGLISHご案内

英語の映画やドラマが聞き取れなかった原因と対策

私たちは中学・高校の英語学習を通して約6,000語の英単語を受験のために暗記しました。一方で日常会話では英語のネイティブスピーカー同士でも、約3,000語で会話の8割をカバーしています。

だから音の経験を積み重ねて「音だけで何とかなる脳の働きを育てれば、自然に英語が聞き取れるようになる」と思っている人も多いのですが、簡単な英単語で構成された英文の意味を瞬時に捉えることが苦手なのです。

たとえば、ある映画から引用したフレーズです。

Dad left before I was born so it’s always just been mom and always would be.

すべて中学英語で構成されていますが、この英文を見てパッと意味が分かる日本人はまだまだ少ないです。

その理由の一つに私たちが学んだ英語の教科書があります。私たちが中学・高校で使っていた教科書に載っている英語の多くが、日本語を訳したものでした。

中学や高校には海外から多数のALT(外国語指導助手)が来ていますが、彼らの多くが「中学・高校の英語の教科書に出ている英語が不自然」と感じているのはよく知られた話です。中学・高校の英語の教科書に出ている英語は元々が日本語だったので日本語に訳しやすかったのです。

ところが映画の英語は突然の事ながら自然な英語なので、多くの日本人にとって訳しにくいのです。意味が分からない言葉は聞き取れたていないことと同じです。だから仕上げに意味をとらえる練習をして仕上げていきましょう。

この時に素材選びが大切です。教科書のような元は日本語を訳した英語ではなく、ネイティブ英語の意味をとらえる練習を重ねましょう。

先ほどアップしたYouTube動画でご案内しています。

マンガENGLISHご案内

英語の聞き取りが伸びない原因「ベスト3」

「毎日のように英語の映画やドラマを見ているのに聞き取れるようにならない」
「これから映画を使ってみようと思っているけど、どんなことに気をつけたらいいの?」
「そもそもどんな映画を使えば英語のリスニング力をのばせるのかわからない」

このようなお悩みの方へ、この記事では私の英語学習コンサル経験をもとに「映画で英語のリスニング力が伸びない原因ベスト3をピックアップしました。

原因がわかれば改善もしやすいので何かのきっかけになれば幸いです。

1.やり方が間違っている
字幕を出しながら観る。これが間違ったやり方ダントツNo.1です。

聞き取りを伸ばしたいと言いながら字幕を出して英文を読みながら聞いている人がとにかく多い。

「いやいや字幕を出さないと何を言っているのかわからないよ」と思われるでしょうが、字幕を出しながら聞いているうちは聞き取れるようになりません。

英語はよく自転車に乗ることに例えられる通り「習うより慣れる」ことで身につきます。聞き取りを伸ばしたいなら、今日から、まず1回目は字幕を出さずに見るようにしましょう。その後で、もし必要ならどれくらい聞き取れていたかを字幕を出して確認します。

2回も同じ映画を観るなんて面倒という人は、無理に字幕を出して観る必要はありません。字幕を見て確認したい人だけ活用してください。私は初級者のころから字幕を利用したことはほとんどありません。

「聞き間違いをそのまま覚えてしまわないのか不安」という声を聴きますが、私たちの脳は意外と優秀で、生まれつき「間違えた情報は正しい情報に上書き修正される」ように作られています。たくさんの映画やドラマを見ているうちに、ちゃんと聞き取れるようになります。字幕を使わない方が確実に聞き取れるようになります。どうしても確認したいところだけ字幕を使うと良いですよ。

2.字幕が間違っている
公開されている映画に付いている字幕が間違えていることはよくある話です。

字幕が間違えていたら正しい確認ができません。字幕を使う方は字幕の間違いがほとんど無い「amazon.com」がおススメ。私も「amazon.com」プライムビデオを利用しています。念のため「amazon.co.jp」とは違うのでご注意ください。

3.選ぶ映画が間違っている
日常会話レベルを伸ばしたいのにレベルの高い映画を選んでも回り道になってしまいます。

初級者の方がいきなりビジネス英語を身につけることを目標にするよりも、まずは日常会話レベルを目指して日常生活を描いた映画やドラマから始めてみると良いですよ。「amazon.com」プライムビデオなら、日常会話レベルの映画やドラマがたくさんあります。

映画はストリーミング配信のおかげで身近に英語に触れらる便利なツールになりました。うまく活用すれば、手軽にネイティブ英語に触れることができます。海外旅行に行けない昨今ですが、映画やドラマを活用して海外気分も同時に味わってみてはいかがでしょうか。

洋画やドラマを字幕なしで楽しむためには、英語の音を聞きながら同時に意味が分かる脳の働きが必要です。同時通訳のような情報処理を手に入れることさえできれば、映画を字幕なしで楽しむことができます。漫画を活用することで初級者の方にもお取り組み易くなっています。漫画で通訳トレーニングを、あなた自身の脳で体験してください。

漫画で通訳トレーニング

長い歴史と高い実績のある英語脳の作り方

洋画を字幕なしで楽しみたい方に、長い歴史と高い実績のある練習法をご紹介します。

洋画を字幕なしで楽しむためには、英語を音で聞き取れる耳と、聞き取った英語の音を瞬時に日本語に置き換えられる脳の働きが必要です。

それはまさに同時通訳のアタマの中で起きている情報処理です。つまり同時通訳を養成するトレーニング法を活用すれば私たちも洋画を字幕なしで楽しめるようになります。

同時通訳と聞くとハードルが高いと思われるかもしれませんね。もちろん、プロの同時通訳の養成では、政治・経済・金融など難易度の高い単語が必要になります。また、プロの同時通訳者は、誰にでもわかりやすく訳すことが使命ですから、高い英語力と同時に高い日本語力が要求されます。

私たちがアメリカやイギリスの映画やドラマを楽しむ場合、必要な単語数は日常会話レベルの3,000語程度で、私たちが中学・高校で受験のために暗記した約6,000語と比較しても半数程度ですから、単語は既に知っているものばかり。訳も自分が楽しむための訳ですから、ハードルはプロの通訳養成とは比べ物にならないほど低くなります。

しかも同時通訳を養成するトレーニングには、長い歴史と高い実績がありますので安心してお取り組みいただけます。

こちらのYouTube動画をご覧ください。

マンガENGLISH100ご案内

洋画を字幕なしで楽しむ脳の働きを手に入れる2つの習慣

洋画を字幕なしで楽しむことができる脳を手に入れるためには

1)自分の耳で英語の音を聞き取る
2)聞き取った音を即座に日本語に置き換える

この2つができるように練習をしましょう。

簡単なことでは無いかもしれませんが、できないことでもありません。なぜなら、英語も日本語も、既に知っているものを活用すれば良いからです。

先ほどアップしたYouTube動画で具体的にご案内しています。

マンガENGLISH ご案内はこちら

人生の岐路に立った時に見たい映画

今週は飛び石連休の方もいらっしゃるでしょう。

休日に英語の映画でも見てみようかな
と思っているかもしれませんね。

映画は私たち英語学習者にとって
ネイティブ英語に手軽に触れられる
いい機会ですよね。

とは言っても
たとえばスター・ウォーズのような
映像が優れたエンタメ性の高い映画ですと

アクションや映像が豊富な分
英語のセリフそのものが少なかったり
セリフも日常会話で使えないようなものも
多く含まれているため

“学習用”としてはかなり
「効率が悪い」映画も多いので

“学習用”としては」
「日常会話の多い 」映画を選ぶことが大切です。

そこで今日は
映画としてのエンタメ性は
物足りないかもしれませんが

「日常英会話に満ち溢れた」
“英語学習者”にとっては最高の一品を
ご紹介します。

セリフがすべて
日常英会話で使える
使用頻度の高いものばかりです。

5年前にリリースされた映画ですが依然として静かな人気があります。

マンガENGLISHを100タイトル
経験済みのあなたには
見慣れた単語ばかりです。

ぜひこの映画を観て、聞いて、まねてください。

まずは映画を字幕なしで
映像と英語の音声だけで観てください。

2回目からは
気になったセリフを真似しながら

自分なりに場面と英語の音が
なんとなく理解できるまで
何度でも繰り返してみてください。

ただしこのやり方は
かなり泥臭いやり方です。

子どもが言語を習得するときのやり方なので
王道ですが

おとながこのやり方で習得をおこすには
かなりの根性とた~くさんの時間が必要です。

おとなのやり直し英語の場合は
すでにある程度
単語や文法の知識があるので

子どものように直感だけよりも
その単語や文法の知識を活用したほうが
効率がいいのです。

そのためには
マンガENGLISHと同じで

「映像と音声だけ」で映画を見たら
「セリフの英文テキスト」を
場面を思い出しながら声に出して読むことです。

そしてまた「映画を字幕なしでみる」のです。

あれ、字幕じゃなくて、英文テキスト?

そうなんです。

よくみんながやっている
映画を見ながら字幕を出してしまうやり方は
おすすめしません。

せっかく映像と英語の音声があるのに
その下に英文が出ていると
どうしても
無意識に目が文字を頼ってしまい
音声を捉える感覚が鈍ってしまうため

せっかくの映像と音声への感度が
ぐ~んと減ってしまうため
かえって効率が悪くなります。

だからといって字幕なしのまま見ていてもも
聞き取れないところは
いつまでたっても聞き取れるようにはならないので
いやになって止めてしまうのです。

止めてしまったら何もなりません。

だからといって
映像の下に字幕を出すと
どうしても字幕に頼ってしまう・・・

という悪循環に陥ってしまい
効率が下がってしまうので

おとなのやり直し英語で
一番オススメの方法は

映像と音だけ

英文テキストだけ

と2回に切り分けて刺激を脳に与えることです。

そうです!
まさにマンガENGLISHのStep1とStep2です。

そうすることで

映画を見ている時には
「場面と音だけで何とかしよう」とする
「英会話では欠かせないスキル」が身につき

そのあとで

英文テキストだけ読むと

その文字の並びに
「場面と音を重ねながら読む習慣」が身に付き

原書を読むときにも
場面と音をイメージする習慣が身に付く

一石二鳥なんです。

マンガENGLISH100タイトル
Stage1とStage2を経験したあなたには
イメージしやすい学習法ですよね。

え?
でも映画のセリフの英文テキストなんて
手に入らないよ?

というあなたのために

英語のセリフをWordファイルでプレゼントします。

マンガENGLISH100タイトルを
動画を聞きながら軽く声に出して

場面と音だけで100タイトルを10時間

次に英文テキストを100タイトル
さらっと絵本のよみきかせのように10時間

計20時間以上経験した方は

マンガENGLISH100サポートGoogleのグループに
【登録済みメールアドレス】で

クリック⇒ 映画『ReLIFE(リライフ)』の英文テキスト

マンガENGLISHは

漫画イラストを見ながら英語の音を聞き

漫画イラストを見て
思いつく英語の音を話す

という練習を通して

日本語にいちいち訳さなくても
日本語でいちいち考えなくても

英語を英語のまま理解し話せる教材です。

ひとりで学習できるので効率が良い反面
ちょっと寂しくなる時もありますよね。

そうしたらぜひ
メールやオンラインでつながりましょう。

マンガENGLISH100タイトル
ご購入済みの方で

このような情報が必要な方は

グーグルのグループへの登録を
お申し込みください。

年会費などの費用は一切かかりません。

ハンドルネーム(ニックネーム)のみの
参加も可能です。

100タイトルを購入済みで

グーグルのグループに参加
ご希望の方は

登録のための私の確認用に

マンガENGLISH100タイトル
購入確認画面を

info♪mangaeigo.net(♪を@に変えてください)
に転送してください。

数日以内に、
招待メールを送らせていただきますので

登録を申請したメールを確認してください。

送信元のアドレスが
yahooなどのフリーメールの場合

迷惑メールフォルダに
振り分けられてしまうことがありました。

一週間たっても私からの返信がない場合
お手数ですが再度ご連絡ください。

まだ100タイトルがそろっていない方は
100タイトル購入後にご連絡ください。

私からの招待メールが届けば、いつでも

【登録済みのメール】でログインすれば
https://groups.google.com/group/me100
にアクセスすることができます。

あせらずに
マイペースで学習をすすめてくださいね。

これからもいっしょにがんばりましょう♪

マンガENGLISH ご案内はこちら

イントゥ・ジ・アンノウンと “Into the Unknown”

『アナと雪の女王2』が11月22日(金)に公開ですね。

主題歌の日本語版を今回も松たか子さんが歌っていて
YouTubeでもその一部が公開されました。

英語の歌詞と並べてみました。

聞こえてる でも 無駄よ
“I can hear you but I won’t.”

目を覚ませ 起きろと
“Some look for trouble while others don’t.”

愛する人たちは ここにいるの
“Everyone I’ve ever loved is here within these walls.”

危険を冒すこと 二度としないわ
“I’m sorry secret siren but I’m blocking out your calls.”

冒険にはもう うんざりしている
“I’ve had my adventure. I don’t need something new.”

それでも あの声は求めてる 未知の旅へ 踏み出せと
“I’m afraid what I’m risking if I follow you into the unknown”

あなたはどこなの
“Are you out there? Do you know me”

姿を見せてよ
“If you feel me? If you show me?”

映画を字幕なしで楽しむために、
普段の英語学習から
英文テキストや日本語の訳に頼らずに
英語を場面と音だけで何とかしようとする
脳の働きを育てましょう。

場面を表す漫画イラストと
英語の音だけで作られた

100タイトルの小さな漫画ストーリーを通して
英語も(日本語と同じように)

音だけで何とかしようとする脳の働きを育てましょう。

映画を字幕なしで楽しむために