映画を使って英語脳を作るシンプルで確実な方法

映画を使った面白い実験があって、おどろおどろしいホラー映画に、コミカルな音楽をかぶせてみせると、大半の人がそれはコメディ映画だ!と感じるそうなんです。反対に、コメディ映画になんだか恨めしい、この世の終わりのような音楽をかぶせると、こんどはそれがホラーだったり悲劇に見えたりするんだとか。この結果をみると、いかに人が何かを認識するときに、視覚や聴覚などの様々な五感を利用して物事をとらえようとしてるか、よくわかりますよね。

洋画をいきなり字幕なしで見ようとしても、かなり難しい話になります。そんな時はむしろ、聞こえてくる言葉よりも、人の表情をじっと見ているほうが、なんとなく感覚的につかめるんですね。それじゃあぜんぜん英語がわかったうちには入らないじゃないかって思われるかもしれないんですけれども、実は日本語のときだって、言葉というより、ほぼそれでコミュニケーション取っているはずなんです。言葉は添え物っていうか。極端に言うと、日本語だから聞き取れているっていう安心感があるだけで、ほとんど聞いていなかったりするはずなんです。特に、自分に興味のないことや、自分にとって耳の痛い話だったり、聞きたくないことだったりすると、すっと他のことを考えたりしてるんで。表情と声の調子でなんとなく聞いている。
 
いくら聞き取れるかとか、ましてや日本語でちゃんと訳せるかという聞き方をするんだったら、かえって逆の回路を育んでしまうので。日本語でやっていることを英語でも体感するということが大切。それで自分なりの解釈で、こう言ってたけどこうだったよねっていう実感をもつことができる。それが、英語脳を育むための映画の見方というんでしょうか。効果的なインプットの一つの方法ですね。
 
それから、アウトプットという意味では、書くという作業もとても有効です。ただし、そのときに訳して文法的にくみたてて書くという書き方ではなくて、自分の中にある音の中から、すっとでてくる音を書いていくという方法でなければいけない。それはちょうど、小学校に入学する前の子どもがお絵描き帳とかに絵を描きながら、単語をぽろんぽろんと書いたりする時期ありますよね。あの感覚です。英語で日記を綴るのもいいですね。ただしそれだと、自分の書けることにすごくギャップがあって、続かなくなるか、訳して辞書で調べたくなってしまうかどちらかになってしまうので、そこまできちんとした日記である必要もないんです。もっと直感的にぱーんと浮かんだ音をとりあえず文字で浮かべば文字でもいいし、そして綴りは確認しないで。カタカナだっていい。ひらがなでも。むしろ絵日記でもいいんです。
 
音が降りてこないっていうときはインプットしてあげてください。なんだ今日全然降りてこないなというときは映画でもマンガEnglishでも、すーっとインプットしていただいて、残った音の残像を記していただくとこれはアウトプットになります。すごく自然な練習になるんですね。
 
正しい文章を記そうとしないで、日本語のときみたいに「ほらあれだよあれ、なんていったっけ、なんか白っぽいやつでさ」なんてそういう話し方、何となくぼんやりあるものを言語化していくっていう自然な話し方をするために、アウトプットをするときにかっちりイメージしてから書くっていうことをやっちゃいけないんです。まさに、幼児期と一緒、分からないものもなんとなく分かったつもりでアウトプットしていくから、また次がインテイクしやすくなるので。
 
話すのは難しいなという場合は、書くという形でアウトプットしていくとそれが育まれていきます。本当に必要なのは自分なりにでも、「分かった」っていう成功体験なんですね。その実感をもつためには、今までのように「本文と合う正しいものを選べ」なんていう方法ではダメなんです。
 
今はスマートフォンなどでも簡単にメモが取れますので、目に入ったものからぱっと浮かんじゃった英語なんかを、自由にメモしていただくといいと思います。要は、辞書を引かないで自分のなかにある音を探すくせをつけることが重要なんです。

人から教えてもらったり、辞書で意味を調べてその時は理解できたつもりの言葉って、案外すぐに記憶から消えていってしまうんですね。やはり何かしらの経験を持って「分かった!」という実感まで到達したものは、いつまでも残ります。そんな経験を、英語でもどんどん積んでいけたらいいですね。

マンガENGLISH100ご案内

英語脳を作れる映画

外国人が日本語を勉強するとき、よくやってしまう失敗なのですが、子ども向けの本なら優しい日本語で書いてあるからさぞかし勉強になるだろうと思って、絵本を開いてみるんです。けれども実際に絵本を開いてみると、擬音語や擬態語が多く、その上わかりやすく簡略化した文章にするために、主語や述語が省略された表現が日本語の絵本にはたくさん使われており、結局まったく意味が分からなくて落ち込んでしまうんですね。同じように、私たちが英語を学ぶ時も、英語学習に向いている教材とそうでないものがあるとすれば、できるだけ有効な物から活用していきたいと思いますよね。

英語脳を育むためには、洋画を観ることが一つの近道になります。しかし、一言で映画といってもジャンルは様々。一体どのような映画を選べば、英語脳につながる有効な教材となるのでしょうか。
 
まず、映画のジャンルには、どんなものがあるでしょうか?

アクション・ファンタジー・コメディ・サスペンス・ヒューマンドラマ・ホラー・恋愛など、いろいろなジャンルがありますね。
 
英語脳を作れる映画とは、映像から場面が推察しやすいもの、つまり日常生活の場面が描かれているものです。上記の中では例えばヒューマンドラマがいいでしょう。
 
次に、その中からさらに英語脳を作れる映画を、主な登場人物たちに注目しながら絞り込んでいきます。まずは、メインの登場人物たちに、何かギャップがあること。年齢の差や身分の違い、あるいは出身国の違いなど。こういった登場人物のバックグラウンドに差があると、お互いに言葉を選ぶことが必要ですから、セリフが理解しやすい仕立てになっているので、自然と聞き取りやすいのです。聞き取りやすいということは、耳触りが良いということで、つまりは音が残りやすく習得しやすいのです。

ヒューマンドラマという意味では、いわゆる映画ではなくてドラマシリーズもおすすめです。1本の映画の中ではなく、複数回にわたってストーリーが進んでいくので、より現実的で身近な出来事からゆっくりと時間をかけて展開していくからです。身近なトピックであれば共感を得やすいでしょうし、より現実生活に近い暮らしや、登場人物たちの思考や行動を知るためにもちょうどいいスピードになっているでしょう。もう一つはやはり、自分が楽しいと思える物を選ぶことですね。例えばレンタルでシリーズ物を順番に観ていったとして、一度最終話まで観たら、またはじめから、あるいは自分の最も好きだった回を見直してみてください。きっと、はじめてみた時よりスッと英語が入ってきていることを実感できるのではないでしょうか。

マンガENGLISH100ご案内

クリスマスにぴったりの大人の恋愛を描いた映画

映画は私たち英語学習者にとって
ネイティブ英語に手軽に触れられる
いい機会ですよね。

とは言っても

たとえばスター・ウォーズのような
映像が優れたエンタメ性の高い映画ですと

アクションや映像が豊富な分
英語のセリフそのものが少なかったり
セリフも日常会話で使えないようなものも
多く含まれているため

「学習用としては」かなり
効率が悪い映画も多いので

「学習用としては」
日常会話の多い映画を選ぶことが大切です。

そこで今日は

クリスマスとお正月の季節にぴったりの
おとなのラブストーリーをご紹介します。

2008年のアメリカ映画なのですが
この時期になると毎年つい観てしまう

『39歳からの女性がモテる理由(ワケ)』

Amazonで検索したら991円で販売されていました。

マンガENGLISHと同じで

「映像と音声だけ」で映画を見たら

「セリフの英文テキスト」を
場面を思い出しながら声に出して読むことです。

そしてまた「映画を字幕なしでみる」のです。

あれ、字幕じゃなくて、英文テキスト?

そうなんです。

よくみんながやっている

「映画を見ながら字幕を見る」やり方は
おすすめしません。

せっかく映像と英語の音声があるのに
その下に英文が出ていると

どうしても目が文字を頼ってしまい
「音声を捉える感覚が鈍って」しまいます。

つまり「映画を見ながら字幕を見る」方法は

いつまでたっても
どこまでいっても

「字幕なしでは映画を見れるようにならない」わけです。

だからといって字幕なしのまま見ていても
聞き取れないところは
いつまでたっても聞き取れるようにはならないので
いやになって止めてしまう。

止めてしまったら何もなりません。

だからといって

映像の下に字幕を出すと
永遠に字幕なしでは見られない・・・

という悪循環に陥ってしまいますので

おとなのやり直し英語で
一番オススメの方法は

映像と音だけ
英文テキストだけ

と「2回に切り分けて」刺激を脳に与えることです。

そうです!
まさにマンガENGLISHのStage1とStage2です。

そうすることで

映画を見ている時には

「場面と音だけで何とかしよう」とする
「英会話では欠かせないスキル」が身につき

そのあとで

英文テキストだけ読むと

その文字の並びに
「場面と音を重ねながら読む習慣」が身に付き

洋書を原書のまま読むときにも
場面と音をイメージする習慣が身に付く

一石二鳥なんです。

マンガENGLISH100タイトル
Stage1とStage2を経験したあなたには
イメージしやすい学習法ですよね。

そして今回ご紹介する映画は
そのストーリーやセリフも楽しいのですが

邦題(日本語による映画のタイトル)も
よく工夫されています。

正直言ってDVDに書かれた
タイトルだけを見たときには

そのあまりのギャップに私は戸惑いました。

原題は “Flirting with Forty”

“flirt with”は「気を引く、誘惑する」という意味。

ですからこのタイトルの意味は「40歳を誘惑する」で、
意訳すれば「年上好き」という感じでしょうか。

ところが邦題は『39歳からの女性がモテる理由』
このギャップはどうしたことでしょう!

主人公は40歳の女性と27歳の男性の恋愛ストーリーです。

原題からはそのキャラクター設定が伝わってきます。
では、邦題(日本語のタイトル)の方は?と言うと。。。

それは映画を観てすぐに納得しました。
主人公の40歳シングルママのセリフ回しにその秘密があったのです。

27歳でサーフィンのインストラクターをしている男性と
ひょんなことから知り合った40歳の女性は、

本当は、もう、すっかり男性の虜になっているのですが

13歳も年上で子持ちでバツイチという負い目から
その気持ちをコントロールしようとします。

その気持ちが彼女の言葉に表れています。

2人はハワイで出会うのですが、
ハワイについて女性が

「ここは本当に美しいところだわ」といった言葉を
“Definitely so beautiful here.”

男性がそのまま「君は本当に美しい」と返すのですが・・・
“You’re really beautiful.”

ここからが40歳のおとなの女性ならではの
セリフ回しが続くのです。

“You’re really beautiful.”という
映画のようなセリフ(ま、実際、映画の中だけど・・・)に

本当は踊りだしたいくらいの気持ちを抑えて

Thank you. I remember that compliment long ago. Now, Kyle. When I asked you for a drink, I wasn’t hitting on you. I mean I haven’t than of anyone my husband since I was 26. It’s a drink. That’s it.
「ありがとう。それ遠い昔に聞いたほめ言葉ね。ねぇ、カル(男性の名)。飲もうって言ったけど、誘ったわけじゃないのよ。26歳(で結婚して)から、(元)夫以外の人とは付き合ったことがないのよ。本当に飲みたかったの。それだけ。」

強がってる感じが逆にかわいいですね。

こんな素敵なセリフ満載のPDFファイル
(英文のみです。日本語の訳や解説はありません)を

マンガENGLISH100タイトルユーザーさま専用の
グーグルのグループにアップしました。

【登録済みのメールアドレスで】下記をクリックして
https://groups.google.com/group/me100

「クリスマスにぴったりの大人の恋愛を描いた映画」と
いうタイトルのメールを開いて

映画のセリフ英文テキストPDFを活用してください。

マンガENGLISH動画100タイトル
ご購入済みの方で

このような情報が必要な方は

グーグルのグループへの登録を
お申し込みください。

年会費などの費用は一切かかりません。

ハンドルネーム(ニックネーム)のみの
参加も可能ですので

個人情報も他のメンバーに開示しません。

動画100タイトルを購入済みで

グーグルのグループに参加
ご希望の方は

動画100タイトル購入の確認メールを

info♪mangaeigo.net(♪を@に変えて)
に転送してください。

複数回に分けて購入された方は
そのすべてを転送してください。

確認でき次第、
数日以内に招待メールを送らせていただきます。

送信元のアドレスが
yahooなどのフリーメールの場合

迷惑メールフォルダに
振り分けられてしまうことがありました。

一週間たっても私からの返信がない場合
お手数ですが再度ご連絡ください。

まだ動画100タイトルがそろっていない方は
動画100タイトル購入後にご連絡ください。

私からの招待メールが届けば、いつでも

【登録済みのメールでログインすれば】
https://groups.google.com/group/me100
にアクセスすることができます。

あせらずに
マイペースで学習をすすめてくださいね。

これからもいっしょにがんばりましょう♪

マンガENGLISH100ご案内

洋画を字幕なしで楽しむ

動画を見ました。
なるほど・・・と思いました。

見て、言葉を聞き、単語を拾う。
そんな作業を海外ドラマを見ながらやっていますが、
こりゃなかなか難しいですね。

だって、海外ドラマは話すスピードが速いですからね。

だから、漫画教材なんですね。
**********************

海外ドラマや洋画を字幕なしで観て、単語を拾う。
まさに王道です、すばらしいですね。

洋画を字幕なしで楽しみたかったら
「洋画を字幕なしでわかるまで見続ける」ことが
シンプルで確実な方法でしょう。

ただ時間はかかるでしょうね。

理由は

ドラマも洋画も学習用ではなく
英語ネイティブのお楽しみ用なので

そこで使われている表現は

(日本の映画も同じですが)

英語ネイティブでさえ
日常生活ではあまり使わないような

しゃれた言い方とか
汚い言葉とかが多く使われていて

日常会話で頻繁に使われている語彙が
リアルな日常会話は
かなりずれているので

学習用としては効率が悪いのです。

英語ネイティブが
日常会話で使う語彙の80~90%は
せいぜい3000語程度と言われていて

そのある種の証拠として

オックスフォード大学や
ケンブリッジ大学のそれぞれの出版局

オックスフォード出版や
ケンブリッジ出版から

Oxford3,000
Cambridge3,000といった

辞書が発行されていますが

この3,000という数字が
英語ネイティブでさえ

日常会話の8~9割を占める語彙数だと言われています。

ところが
エンタテイメントとしての映画やドラマは

その範囲でセリフを作っていたら
平凡で面白くないので

ネイティブでも普段はなかなか使わないような
しゃれたセリフや汚い言葉などが多く
学習用として効率が悪いのです。

純粋に洋画やドラマを字幕なしで楽しみたいなら

迷わず

字幕を出さずに好きな英語やドラマを見続けること。

これ以外にないと思います。

しかし

洋画やドラマを英語の学習用として活用するには
どう使ったらいいか

という質問に対しては

そもそも
学習用ではないので
学習用にはなりません。

という答えが最も適格かとは思います。

でも、もし

「山口は海外ドラマや洋画を見るときに
字幕は出しているか?」と聞かれたら

「出していません」と答えます。

「じゃあ、どうして山口は帰国子女でもなく
海外生活体験も無いのに

なぜ、字幕なしで観られるのか?」

と聞かれたら

「パレートの法則を英語学習に活用した」
と答えます。

パレートの法則とは、全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという経験則のこと。

イタリアの経済学者・社会学者であるヴィルフレド・パレート(Vilfredo Federico Damaso Pareto)が、1986年に論文の中で発表した。(パレートは「社会全体の所得の多くは一部の高額所得者が占めているが、それは国や時代の制度の問題ではなく、一種の社会的自然現象である」と主張。)

この考え方は、所得配分や経済においてだけでなく、品質管理、在庫管理、売上管理、マーケティングなど様々な分野に当てはまるとされており、
・ビジネスにおいて、売上の8割は全顧客の2割が生み出している。
・売上の8割は、全従業員のうちの2割で生み出している。
・商品の売上の8割は、全商品銘柄のうちの2割で生み出している。
などと言われ、実際に起きている現象として、パレート現象は未だに支持を得ている。

これは英語学習にも当てはまる考え方です。

海外ドラマや洋画は
ネイティブのエンタテイメントなので
完全に聞き取ろうとしたら

知っていないといけない語彙数は
2万語、とも3万語とも言われていますが

いくらエンタテイメントとは言え
会話のすべてがスラングやジョーク
というはずはなく

全体の8割は
ネイティブが日常英会話で使っている
3,000語で構成されているんですね。

その3,000語のほとんどが
私たちが中学・高校で学んだ英単語で
構成されているので

まずはこの3,000語さえ何とかなれば
海外ドラマや洋画も8割は聞き取れるわけで

8割聞き取れれば
結構わかりますからね。

楽しめるわけです。

「あれ、中学・高校で習った3,000語なら
もう知っているはずだよね。
でもいまだに聞き取れないは、なぜ?」

と思いますよね。

語彙数は合っているんですけれど
残念な点が2つあります。

一つは音の経験が少ないこと。

中学高校の英語学習では
常に文字や日本語の訳とからめて覚えてきました。

音だけで何とかしようとした経験がほとんどない。

聞き取れない時には、すぐ、英文テキストを読む
わからないときには日本語に訳す

という学習を重ねてきました。

音だけで何とかしようとした経験があまりに少ない。

だから音だけでは聞き取れた気がしないし
ましてや話すことなんてできるようにならない。

2つ目は
自然な談話の経験が少ないこと。

中学・高校の英語の教科書は
日本語から英語に訳した英文に
多く触れてきました。

中学・高校に勤務する
外国人の語学教師たちは

日本の英語の教科書の
英語が変であると訴えているのですが

まったく変わる気配がありません。

単語は3,000語を習っていても
変な文脈で習っているので
使えるようにならないわけです。

使える英語を身につけたければ
3,000語が音だけで何とかなって
自然な文脈から切り出していかないと

苦労が水の泡になってしまいます。

なにで学ぶか
特に忙しい社会人にとっては

教材選びは大切です。

この3,000語が
音だけで何とかできるように
作ったのが

マンガENGLISHなんですね。

マンガENGLISH100ご案内

「洋画を字幕なしで観る」「英会話を楽しむ」

ブログ記事、読みました。Amazonのレビューも見ました。

う~ん、TOEIC990点でもネイティブの英語が聞き取りにくいとか、日本人なら英語を字幕無しで見るのは諦めろって、本当に書いてあるんですかね?

でも、この本、あまり読みたいと思わないので、買いませんが(笑)

私は、22歳くらいのときアメリカ人の彼女と付き合っていて、
一緒に映画に行くと、笑う箇所が日本人の観客と違うんですよね。

それがとても悔しくて・・・

だけど、未だに洋画を字幕無しで見ることはできません。

ハリウッド映画が好きで、いつか字幕無しで映画が見たいと思っている人たちって、たくさんいると思うんですよ。

山口さんも、独自でいろいろと進めていると思います。でも、山口さんが、今、どこまでやっているのかが、私は明確に把握していないので、まずは、そのあたりから教えていただいていいですか?
*************************

洋画を字幕なしで楽しみたいと思っている人は多いですね。

字幕の日本語訳は
もとの英語を意訳しているので

英語ネイティブといっしょに映画を観ていると
置いてきばぼりになっているような
寂しい気持ちになりますよね。

西田大(にしだ・まさる)さんの「英語力はメンタルで決まる」は私も読んだことはないのですが

コラムは何度か目にしたことがあって

TOEICや英検などの資格試験を極めることと
洋画を字幕なしで楽しんだり
英会話を楽しむことは別の話である

ということを言っている人という印象があります。

帰国子女でもない普通の日本人が
洋画や英会話を楽しむのは
並大抵のことではない

そんな雲をつかむような話に乗って
英語難民になるくらいなら

確実に努力が数値になって表れる
資格試験を目指した方が良い

誰でも洋画や英会話を楽しめるような口ぶりで
熱心な学習者を惑わせるような
英語教材や英語スクールには注意した方が良い

ということを言っている方です。

その根拠になっているのが

西田さん自身が

日本で最高峰と言われる
英語の資格試験を総ナメにしているにも関わらず

その英語力をもってしても

洋画を字幕なしで楽しんだり
英会話をペラペラと話したりはできない

とのことで

「英検やTOEICで高得点をマークしても、洋画が字幕なしで楽しめず英会話が自由にできないのは自分だけではなかったんだ!」と

受験英語は極めたが
リアルな英語は身についていない人たち

に、安心感と勇気を与えていて人気のようです。

私の印象では西田さんの主張はあくまで

TOEICや英検などの資格試験を極めることと
洋画を字幕なしで楽しんだり
英会話を楽しむことは別の話である

ということであって

アマゾンのレビューを書いた人が誰で
どういう立場の人かがわからないのですが

純粋に洋画を字幕なしで楽しんだり英会話を楽しめるようになりたいと思っている人(たぶん、西田さんは、そういう人たちに向けて書いてはいない)に
「無理だからやめた方がいい」とは言っていないと私は思います。

ただ確かに

簡単にできるようになるかのような売り言葉で
教材やノウハウを売ろうとする業者もあり

そこはちゃんと判断した方がいいとは言っています。

そもそも日本人は

「洋画を字幕なしで観る」とか「英会話を楽しむ」
ことについて

何か特別な感情を持ちすぎているように思います。

日本語では私たちは当然のことながら

映画を字幕なしで観ていますし
会話もそれなりに楽しんでいるからです。

じゃあ、どうすれば

「洋画を字幕なしで観る」とか「英会話を楽しむ」
ことができるのか?

そのことについて
何度かYouTubeでも話題にしているのですが

こちらの動画が
まあまあわかりやすいと好評でしたので
ご覧いただけると幸いです。

マンガENGLISH100ご案内